カギ・防犯・セキュリティの事ならキーバンク新潟株式会社にご相談ください。

tel.025-282-1700

営業時間 8:30~17:30(日曜・祝祭日除く)

お問い合わせ

美和ロックサービス代行店SD

おすすめコンテンツ

プロが教える正しいカギのお手入れ方法【錠前の除菌・清掃】

「鍵穴の抜き差しが悪い」「ドアの取っ手や錠前まわりが汚れている」。 こんなとき、どうしていますか? 1日数回、家族や従業員など複数人が利用するドアともなると、建物の設備でこれだけ頻繁に使用するものはあまり多くありません。それに、いつも使うものだからこそ除菌や汚れのお手入れは不可欠。玄関ドアなど人の目や手に触れやすいところであれば、なおのことですよね。今回は、そんなドア(カギと錠前)の正しいお手入れの方法をご紹介します。
プロが教える正しいカギのお手入れ方法【錠前の除菌・清掃】

この記事を読む

インターホンにも寿命がある?交換時期やその理由とは

陽気やこの頃の情勢で、自宅にいる時間も長くなったこともあり、通販の利用も増え、宅配業者やフードデリバリーなどが、自宅に訪れる機会も多くなっているかと思います。そのような背景からも、今後ますます活躍の頻度や有用性の高まりが予想されるインターホンですが、「あって当たり前」といわれるほど普及した今日、急な故障などで、ある日突然に使えなくなったとしたら…。 今回は、そんなインターホンの「寿命」に注目してご紹介したいと思います。
インターホンにも寿命がある?交換時期やその理由とは

この記事を読む

【ステイホーム】在宅時でも油断は禁物!在宅時の防犯事情

どうせ家に誰かいるから、ちょっとそこまで行く間だから――と、ついつい防犯意識がゆるみがちになる今日この頃。たとえ、誰かがいるといっても油断は禁物です。窓を開けっぱなしにしていたり、鍵がかかっていなかったりしていませんか?今一度、安心で快適な生活を送るために、あなたの住まいと暮らしの防犯に目を向けてみましょう。
【ステイホーム】在宅時でも油断は禁物!在宅時の防犯事情

この記事を読む

意外と知らない「南京錠」 その用途や特性は?

「カギ」というと、玄関ドアに挿す鍵と並んでイメージされることが多いのが「南京錠」ではないでしょうか。セキュリティや安全・安心といった抽象的なアイコンやシンボルマークとして目にする機会も多いかと思います。南京錠というと、「昔ながら」なアイテムと思われる方もいるかもしれませんが、侮ってはいけません。シンプルだからこそ持つ高い機能面の信頼性と使い勝手の良さは、現代に至るまでの長い歴史が物語っています。今回はそんな南京錠の基本と使い道を改めてご紹介します。
意外と知らない「南京錠」 その用途や特性は?

この記事を読む

オートロックだからって安心?油断大敵なマンションの防犯

集合住宅などに多い「オートロック」は、分譲物件や賃貸物件を問わず人気を集める設備のひとつです。その最大の理由として挙げられるのは高い防犯性能。オートロックが選ばれ続けている理由やオートロックの防犯性について考えてみたいと思います。
オートロックだからって安心?油断大敵なマンションの防犯

この記事を読む

いまさら聞けない「1ドア2ロック」そのメリットとは?

「1ドア2ロック(ワンドア・ツーロック)」という標語をご存知ですか。1ドア2ロックは、空き巣など侵入窃盗犯罪を防ぐ方法として、警察や国土交通省などでよく耳にするキャッチフレーズで、文字通り1つのドアに2つ以上の鍵を付けることをいいます。
いまさら聞けない「1ドア2ロック」そのメリットとは?

この記事を読む

鍵をIoT化すると、どんなメリットがあるのか?

IoT、スマートシティ、スマートホーム、スマートロックといった用語を耳にするようになって久しい今日、すでに生活に定着したサービスも少なくありません。その中でも今後、注目が高まっていくであろうスマートロックについて、私たちの生活にどんな影響があるのか、そのメリットを考えてみます。
鍵をIoT化すると、どんなメリットがあるのか?

この記事を読む

プロがおすすめする、鍵をなくした時の対応とは

玄関ドアのカギを開けようとしたところ、持っているはずの鍵がない?!バッグや鞄、ポケットなどを探しても見当たらず、「家に入れない!」「時間に間に合わない!」と気持ちは焦るばかり。誰もが経験したことのある、鍵を落とすトラブルについてどうするべきか考えてみましょう。
プロがおすすめする、鍵をなくした時の対応とは

この記事を読む

忙しい年度末になる前こそ鍵まわりの点検時期

年末から新年、年度末、新年度と、この数か月はライフスタイルに変化の起きやすい時期です。新しい年や新年度に合わせて転居される方や、ご自身だけでなくご家族で入学や入社など新生活をスタートされる方も多いかと思います。 そんな時期に、鍵まわりでも変化は起こりがちです。お子さんの進級のタイミングで合鍵を作ったり、転居で新しい鍵を使い始める方も。忙しくなる年度末になる前に、一度、鍵やドアまわりの見直しをしてみてはいかがでしょうか。
忙しい年度末になる前こそ鍵まわりの点検時期

この記事を読む

いつから子供に鍵を持たせる?取り扱いの注意事項とは?

家族一人にひとつずつ鍵を持っていることが多いと思いますが、さてお子さんにはどうしていますか?幼稚園、保育園の時なら「お迎え」があったりしますが、小学校に上がった後、両親共働きのご家庭などは、子供にも鍵を渡すべきかと悩まれることもあるでしょう。多くの場合はどうしているのでしょうか。またどうすればよいのでしょうか。
いつから子供に鍵を持たせる?取り扱いの注意事項とは?

この記事を読む